小鳥「はじめての……ちゅっ」

1:以下、新鯖からお送りいたします:2013/09/08(日) 23:15:46.93 ID:vLoNS2X80
今日は何日だっけ? 9月8日。

私の誕生日は? 9月9日。

そう、明日。

ていうか、16進法だったらまだ10代だし?

全然焦る必要ないみたいな?

小鳥「……」

この期に及んで現実逃避かよ!

1E歳です。なんて言っても微妙な顔されるだけだよ!

残りは……あと3時間ぐらい。

今日、なにしてたっけ?

2X年間、なにしてたっけ……。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1378649746

2: ◆PQxO3wwU7c:2013/09/08(日) 23:17:27.81 ID:vLoNS2X80
私と同世代の友達なんて、みんな彼氏がいたり、旦那や子供がいたり……。

せっかくの休日に、辛気臭い喪女なんか誰も構っちゃくれない。

職場の同僚は、みんな平日も休日も無く大忙し。

忙しさは人気のバロメーターだから、アイドル事務所としては喜ばしいことだけど。

労基の限界に挑戦っていうか、とっくに突破してるわよね。

特にプロデューサーさん。

アイドル9人のプロデュース兼マネージメントとか正気じゃないですよ。

今日は、さすがにもうお仕事は終わったかな。

もともと不定期で少なかった休日が、最近はあるのかないのかわからないぐらい。

結果を出してるから、仕事は充実しているのかもしれないけど……。

倒れたりしないか心配してる人だっているんですからね?

誰とは言いませんけど!

4: ◆PQxO3wwU7c:2013/09/08(日) 23:18:53.83 ID:vLoNS2X80
一緒にお休みを取れるような仕事だったら、こんな日は二人でとか……。

なんてね。休みが別々なのを言い訳にしてるだけよね。

お昼とか、お酒だって何度もご一緒してるんだし。

あと一歩を踏み出す勇気がないだけ……。

でも……彼がどう思ってるかなんて、私にはわからないもの。

この歳で、しかも職場の同僚相手に玉砕なんてした日には……。

ま、おかげでこのザマですけどね。

彼氏いない歴、Ξ○thアニバーサリーとか……ははは。

10年前の自分に教えてあげたら、助走付きで殴られそうね。

あはは…………。

おっと、いけないいけない。

今日はまだ2X年と364日だったわ。

364日と21時間30分。

まだ2時間半もある! 余裕余裕!

5: ◆PQxO3wwU7c:2013/09/08(日) 23:21:02.17 ID:vLoNS2X80
♪~~

電話? ……って、プロデューサーさん!?

ちょっ、えっ? マジ?

あわわ……私いま半裸ですよ、半裸!

いくら自宅だからって、これは乙女としてありえないっての。

とにかくなにか着て……いや、落ち着け!

これは電話だ。

半裸だろうがコスプレだろうが、バレなければ問題ない。

今すべきは、急いで電話に出ることではないか?

よし! 理解した。

それじゃ出ますよ? 出ちゃいますよ?

6: ◆PQxO3wwU7c:2013/09/08(日) 23:23:31.61 ID:vLoNS2X80
小鳥「も、もしもし」

P『あ、音無さんですか? お休みのところすいません』

小鳥「いえいえ! プロデューサーさんこそ、今日はお仕事は?」

P『さっき終わって、いま事務所を出るところです』

小鳥「こんな遅くまで……お疲れ様です」

P『音無さんに労ってもらうと、頑張って仕事した甲斐があります』

小鳥「え? な、なに言ってるんですか、もう……///」

P『ははは……それでですね』

小鳥「は、はい」

P『今から会えませんか?』

小鳥「そうですね、特に用事は……って、ええ!?」

P『?』

小鳥「今から会うというのは……その?」

P『そのままです。会って話したいな、と』

7: ◆PQxO3wwU7c:2013/09/08(日) 23:25:29.58 ID:vLoNS2X80
小鳥「……」

P『どうしました? もし都合が悪いようなら……』

小鳥「い、いえ! さっきまで半裸でグダってただけですから!」

P『は?』

小鳥「なんでもないです! ど、どこかで待ち合わせを?」

P『ちょっと荷物があるので、タクシーでそちらに行きます。たぶん……1時間ぐらいで』

小鳥「1時間ですね。外出の準備をしておいたほうがいいですか?」

P『別に半裸のままでも』

小鳥「」

P『ん?』

小鳥「そういうのは聞かなかったフリをしてください!///」

P「はは、ごめんなさい」

小鳥「もう……/// 外出は無しってことでいいですか?」

P『時間が時間ですからね』

小鳥「わかりました。待ってますね」

P『はい。着いたらまた電話します』

8: ◆PQxO3wwU7c:2013/09/08(日) 23:26:58.38 ID:vLoNS2X80
これって……あれよね?

大台目前の崖っぷちで……ついに? ついに!?

私、始まった!?

と、とにかく服を着て……。

外出しないんだし、変に気合が入ってない自然な感じのほうがいいわよね。

下着も……念のためよ、念のため!

だってほら、もしかしてよ?

部屋に上がってもらったりとか……。

……。

あるわね!

別に散らかってはいないけど、あんな本やそんなゲームは片付けておいて……。

だって、ここは乙女の部屋ですから!

1時間……ギリギリね。

でも、間に合わせる! なにがなんでも!

9: ◆PQxO3wwU7c:2013/09/08(日) 23:28:22.91 ID:vLoNS2X80
── 1時間後 ──

身だしなみ……OK!

部屋……OK!

心の準備……お、OK?

そこはまあ、なりゆきで……ね?

誕生日直前のこんな時間にお誘いを受けて、なにもないなんて……。

私の経験上からはまったくわからないけど、常識的に考えてありえないわね。

小鳥「あとは、プロデューサーさんからの連絡を……」ソワソワ

♪~~

来た!

小鳥「はい!」

P『お待たせしました。今、マンションの前なんですけど』

小鳥「わかりました。迎えに出ますね」

P『お願いします』

鏡、鏡……っと。

大丈夫よね、私?

うん、大丈夫!

10: ◆PQxO3wwU7c:2013/09/08(日) 23:30:50.01 ID:vLoNS2X80
── マンション前 ──

小鳥「あ、プロデューサーさん。こんばんは」

P「こんばんは。遅くに押しかけてごめんなさい」

小鳥「そんなこと……わぁ!」

すっごい花束!

私の年齢より……うん、確実に多いわ。

これって、やっぱり……。

P「日付が変わるまで隠しておきたかったんですけどね」

小鳥「それまで気がつかないフリをしておきましょうか?」

P「はは、お願いします」

小鳥「うふふ」

P「それと、ケーキとシャンパンを買ってきたんで……」

小鳥「あ……それなら、私の部屋で一緒に……」

P「そうですね。日付が変わる瞬間を、一緒にお祝いしたいですから」

小鳥「はい……///」

11: ◆PQxO3wwU7c:2013/09/08(日) 23:32:24.51 ID:vLoNS2X80
── 小鳥自宅 ──

日付が変わるまで、あと30分ちょっと。

会話も途切れがちだし、二人してソワソワ落ち着かないけど……。

P「……」チラッ

小鳥「……」チラッ

P小鳥「「あ」」

P「あはは……」

小鳥「ふふっ……///」

なにこれ甘酸っぱい。

1時間近く、向かい合ったままこんな感じで……。

じれったいような、いつまでもこうしていたいような……。

いつもと違う、二人の距離感。

P「もうすぐですね」

小鳥「ええ……」

現実逃避してまで無かったことにしたい瞬間だったはずなのに……。

今はちょっとだけ待ち遠しいです……。

12: ◆PQxO3wwU7c:2013/09/08(日) 23:33:45.70 ID:vLoNS2X80
── 30分後 ──

P「そろそろですね」

小鳥「ええ……」

P「……」

小鳥「……」

<ドoンゴガ、ゴゼン0ジクライヲ…

P「お、9日になりましたね。誕生日おめでとうございます」

小鳥「あはは……ありがとうございます」

P「えっと、たしか……」

小鳥「1E歳です」

P「……」

ほんとに微妙な顔された!

そこは軽く受け流してくださいよ。

P「それじゃ、1E歳を祝して……」

P小鳥「「乾杯」」

チンッ

13: ◆PQxO3wwU7c:2013/09/08(日) 23:36:02.96 ID:vLoNS2X80
小鳥「誕生日なんて、一年で一番ありがたくない日だったんですけどね」

P「どうしてですか?」

小鳥「どうしてって、そんなこと聞いちゃダメですよ」

P「……」

小鳥「女の人に、そういうの……」

P「俺にとっては、音無さんの誕生日は特別な日です」

小鳥「え?」

P「花束を受け取ってもらえますか」

小鳥「あ……はい。ありがとうございます」

P「……」

小鳥「……」

両腕にいっぱいの花束。

あなたのどんな想いが込められてますか?

言ってくれなきゃ、わかりません……。

14: ◆PQxO3wwU7c:2013/09/08(日) 23:37:10.15 ID:vLoNS2X80
P「俺は花のことなんてわからないから……」

小鳥「……」

P「大切な想いを伝えるために、ってことで選んでもらいました」

小鳥「はい……」

P「小鳥さん」

小鳥「はい」

P「……」

小鳥「……」

P「好きです」

小鳥「あ……」

15: ◆PQxO3wwU7c:2013/09/08(日) 23:38:04.70 ID:vLoNS2X80
小鳥「わた……私も……」ポロポロ

P「……」

小鳥「あれ? なんで……泣いちゃってるんだろ?」ポロポロ

小鳥「嬉しいのに……へ、変ですね……ふふ」ポロポロ

P「小鳥さん……」

小鳥「わ、私も……」グシッ

P「はい」

小鳥「私も……プロデューサーさんが好きです!」

生まれてきたことに心から感謝した誕生日なんて、初めてかも……。

素敵なプレゼントをありがとうございます。

大好きです、プロデューサーさん……。

───

──

16: ◆PQxO3wwU7c:2013/09/08(日) 23:39:03.13 ID:vLoNS2X80
P「それじゃ、俺は帰ります」

小鳥「え?」

か、帰っちゃうんですか?

泊まっていって、その……一緒に朝を迎えたりとか……。

心の準備、できてたんですけど……。

小鳥「でも、もう終電も……」

P「途中でタクシーを拾いますよ」

小鳥「そうですか……」

P「ごめんなさい。俺も小鳥さんと一緒にいたいんですけど……」

P「明日の仕事で、どうしても帰って準備しておきたいものがあるんで」

小鳥「今から帰ってじゃ、休んでる時間が」

P「仕事に支障が出ない程度には、ちゃんと休みます」

小鳥「ほんとですか?」

P「信じてください」

小鳥「……」ジー

P「……」

小鳥「ふぅ……わかりました、信じます」

P「小鳥さん」

ギュッ

小鳥「ふゎ……!」

17: ◆PQxO3wwU7c:2013/09/08(日) 23:40:19.89 ID:vLoNS2X80
え、え~と、抱きしめられたときはどうすれば……。

私にわかるわけないっての!

わからないけど……たぶん。

こういう場合は、目を閉じて待ってれば……いい?

小鳥「……」

P「……」

パッ…

私のファーストキ……あ、あら?

プロデューサーさん、離れちゃった?

P「また明日。おやすみなさい」

小鳥「え? あ……」

小鳥「おやすみなさい……」

行っちゃった……。

そりゃまあ、ついさっき恋人同士になったばかりですけど……。

こういうの、男の人から求めてくるものですよね?

私ばっかりその気になってて、バカみたいじゃないですか……。

わからないことばっかり。

恋愛って難しい。でも……。

プロデューサーさんと恋人同士♪ えへへ///

18: ◆PQxO3wwU7c:2013/09/08(日) 23:43:08.06 ID:vLoNS2X80
── 翌朝 AM6:00 ──

月曜の朝なのに、なにこの爽やかな目覚めは?

お肌のハリも……やだ! 昨日とは別人みたい!

これならスッピンで仕事に行っても大丈夫かも!

……。

ごめんなさい、言いすぎました。

どんな幸せでも覆い隠せないものって、悲しいけどあるんですね。

小鳥「あ、メール……」

彼からだ。

この時間に起きてて、寝る時間なんてあったのかしら?

2時間もなかったりして……。

同棲とかは……まだ早いかな?

でも、なるべく一緒にいて、もっとしっかり休んでもらわないとね。

その……恋人として。

小鳥「恋人……うふふ///」

おっと、妄想に耽ってる場合じゃなかったわ。

返信……っと。

昨夜はいろいろとお預けになっちゃったけど、今はあれでよかったのかなって思う。

なんたって、恋愛初心者ですからね。少しずつ、ゆっくりでいいんです。

彼と一緒なら……。

19: ◆PQxO3wwU7c:2013/09/08(日) 23:44:58.87 ID:vLoNS2X80
── 朝 765プロ事務所 ──

小鳥「おはようございます!」

P「おはようございます、小鳥さん」

音無さんじゃなくて小鳥さん。

昨夜の夢のような出来事が、夢じゃなかったということ。

小鳥「プロデューサーさん……」

P「はい?」

小鳥「いえ、その……///」

P「?」

小鳥「……」

P「……」

P小鳥「「あの」」

P小鳥「「あ……」」

小鳥「ぷっ」

P「はは」

小鳥「いい大人がなにやってるんでしょうね」クスッ

P「お似合いってことじゃないですか、俺たち」

小鳥「ふふっ、そうですね♪」

20: ◆PQxO3wwU7c:2013/09/08(日) 23:46:13.99 ID:vLoNS2X80
小鳥「ところで」

P「はい?」

小鳥「昨夜は帰ってからちゃんと休みましたか?」

P「え? ええ……それはまあ」

小鳥「約束しましたよね?」

P「はい……」

信じてください、なんて言っておいて、もう……。

みんなのために頑張るのもいいけど、自分のことも少しはいたわってもらわないと。

小鳥「そういうことだったら、今夜は……」

P「ええ、うちに来てください」

小鳥「そんなこと言っても、約束を守れない人は……え?」

P「え?」

小鳥「あ、いえ。それじゃ、今夜お邪魔します……」

P「ええ。今日はずっと一緒に」

小鳥「はい……///」

P「……」

小鳥「……///」

律子「……」

21: ◆PQxO3wwU7c:2013/09/08(日) 23:47:25.95 ID:vLoNS2X80
P小鳥「「!?」」

律子「……」

P「律子!?」

小鳥「いたんですか!?」

律子「ええ。朝からお邪魔しちゃったみたいで」

P「いやいや! おはよう律子!」

小鳥「お、おはようございます、律子さん!」

律子「……おはようございます」

あ……これもうごまかせないわ。

律子さんにだったら、正直に話しちゃってもいいですよね。

律子「まあ、だいたい察しはつきますが、いちおう説明してもらいましょうか?」

P小鳥「「はい……」」

───

──

22: ◆PQxO3wwU7c:2013/09/08(日) 23:48:53.85 ID:vLoNS2X80
律子「話はわかりました。お二人のプライベートに口出しはしません」

小鳥「さ、さすが律子さん! 話のわかるいい女!」

P「助かるよ」

律子「ただし!」

P小鳥「「え?」」

律子「まだ、みんなには内緒にしておいてください」

律子「あの年頃の子たちは、影響を受けやすいですから」

P「そうだな……」

小鳥「ええ……」

律子「社長には報告しておいたほうがいいと思いますけど」

小鳥「それはもちろん!」

P「わかってるよ」

律子「それと……不本意ながら事情を知ってしまいましたが……」

P小鳥「「……」」

律子「だからといって、私の前ではイチャつかないこと!」

小鳥「え? ダメなんですか?」

P「ダメなのか?」

律子「……正座しますか?」

P小鳥「「ごめんなさい……」」

律子「まったく……」

23: ◆PQxO3wwU7c:2013/09/08(日) 23:50:22.46 ID:vLoNS2X80
律子「まあ、みんなの前で気をつけてさえもらえれば……」

ガチャ

春香「おはようございます!」

P「おう、おはよう春香」

小鳥「おはよう、春香ちゃん」

律子「おはよう、春香」

春香「あれ? プロデューサーさんと小鳥さん、また律子さんに怒られてたんですか?」

P「そんな、いつも怒られてるみたいな……」

律子「こっちだって好きで怒ってるわけじゃないわよ」

小鳥「律子さんなりの親愛表現ですもんね!」

律子「はいはい……」

春香「あはは……あれ?」ジー

小鳥「どうしたの?」

春香「ん~……気のせいかな?」ジー

小鳥「なにが?」

24: ◆PQxO3wwU7c:2013/09/08(日) 23:51:46.47 ID:vLoNS2X80
春香「髪型もカチューシャも変わってないし……やっぱり気のせいですね」

小鳥「ど、どういうこと?」

春香「小鳥さん、なんだか少し雰囲気変わったかなって」

小鳥「うぇ!?」

P「……」

律子「……」

春香「えへへ、変なこと言ってごめんなさい」

小鳥「う、ううん! 気にしないで!」

こういうことに疎そうな春香ちゃんでも、なんとなく感づくって……。

もし勘のいい美希ちゃんとか、ニュータイプみたいな貴音ちゃんだったら……。

まあ、気をつけてもどうにもならないことだし、なるようになれよね。

───

──

25: ◆PQxO3wwU7c:2013/09/08(日) 23:53:19.00 ID:vLoNS2X80
── 夜 765プロ事務所 ──

高木「やあ、バースデーパーティは楽しんでもらえたかな?」

小鳥「はい! まさかみんなにお祝いしてもらえるなんて……」

高木「そのみんなのお願いで準備させてもらったんだよ」

高木「ねえ、律子君」

律子「え!? わ、私はみんなを代表しただけで……」

小鳥「ありがとう、律子さん」

律子「やめてくださいって……///」

高木「それにしても、音無君と彼がねぇ」

小鳥「いやぁ、自分でも信じられないですよ」

高木「なんとなくそうなるんじゃないかとは……いや、そうなってくれたらとは思っていたが」

小鳥「……」

高木「音無君のことは、自分の娘のように心配していたからね」

小鳥「あはは……不孝者の娘で申し訳ないです」

高木「彼なら安心して任せられるよ」

小鳥「はい!」

社長が見出して、私が好きになって、私を選んでくれた人ですからね。

ありがとうございます、社長。

26: ◆PQxO3wwU7c:2013/09/08(日) 23:55:02.26 ID:vLoNS2X80
高木「ところで、その彼はどうしたのかね?」

律子「遠い子たちの送迎です。そろそろ戻ってくるはずですが」

高木「なら、音無君のことは彼に任せて、私は先に上がらせてもらおうかな」

律子「私もそうします」

小鳥「えぇ!? 律子さんも一緒に帰りましょうよ」

律子「私がいたら邪魔にしかならないでしょ」

小鳥「そういうことじゃなく、夜道の一人歩きななんてさせられません!」

律子「それは、今日に限ったことじゃ……」

小鳥「いつもは、こんなに遅くならないでしょ?」

律子「……」

高木「音無君の言うとおりだ。社用車を使っていいから、一緒に送ってもらうといい」

律子「はあ……社長がそう仰るなら」

小鳥「ありがとうございます!」

高木「では、お先に失礼するよ」

律子「お疲れさまでした」

小鳥「お疲れさまでした~」

───

──

27: ◆PQxO3wwU7c:2013/09/08(日) 23:57:23.97 ID:vLoNS2X80
── P自宅 ──

律子さんを送ってから私の部屋に寄って、最低限お泊まりに必要な準備はしてきました。

プロデューサーさんの部屋……来るのは初めて。

そもそも男の人の部屋自体はじめてなんだけど。

彼と、朝まで一緒……。

今夜、どこまで進展するかは彼次第。

ちょっとだけ怖いけど……なにもなかったら、やっぱり寂しい。

小鳥「それじゃ、ご飯作りますね」

P「手伝いましょうか?」

小鳥「ダメですよ。今日は私の手料理を食べてもらうんですから」

P「そうですね。期待してます」

小鳥「任せてください」

うちから持ってきたエプロンを着けて……。

これでも、お料理には自信あるんだから。

惚れ直させておげますね♪

28: ◆PQxO3wwU7c:2013/09/08(日) 23:59:09.31 ID:vLoNS2X80
小鳥「冷蔵庫の食材を少し使ってもいいですか?」

P「好きなだけ使ってもらっていいですよ」カタカタ…

小鳥「は~い……ん?」

P「ん?」カタカタ…

小鳥「お仕事ですか?」

P「ええ。テレビ局の編成会議で、うちの企画案が好評だったみたいで……」

P「急いで企画書を仕上げていこうかと」

小鳥「そうですか……」

毎日人一倍働いて、結果だって出してるのに、家に帰ってもまた仕事。

アイドルのみんなのことを考えてない時間なんて無いんじゃ……。

プロデューサーさんと同じぐらい、みんなのことも大好きだけど。

みっともないな、嫉妬なんて……。

29: ◆PQxO3wwU7c:2013/09/09(月) 00:00:38.46 ID:6WfIwa5r0
彼のために初めて作ったお料理は……ちょっとだけ失敗。

味付けを間違えたのか、肉じゃがが少し甘すぎちゃった。

私たちの甘~いイチャラブぶりに、お料理もあてられちゃったのかも。ふふっ。

美味しそうに食べてはくれたけど、私の腕がこんなものだとは思わないでくださいね。

次はもっと美味しいご飯を食べてもらいますから!

小鳥「ふぅ……」

私が洗い物をしているあいだに彼にお風呂に入ってもらって、今は私の番。

なにがあってもいいように、念入りに綺麗にしておかないと。

小鳥「今日こそは……かな」

いやいや! 彼は昨夜まともに寝てないみたいだから……。

ちゃんと休んでもらわないと、なんのために私が来たのかわからないじゃない。

だから、焦っちゃダメ。

でも、キスも……まだなんだもん。

そのぐらいは、ね……?

30: ◆PQxO3wwU7c:2013/09/09(月) 00:02:01.81 ID:6WfIwa5r0
小鳥「お風呂いただきました~……あれ?」

P「zzz……」

机に突っ伏して……寝ちゃってる。

企画書を作ってる途中だったみたいだけど……。

念のため保存、っと。

さて、どうしよう。

起こすのも申し訳ないし、かといって、私の力じゃベッドまで抱えてなんていけなし。

でも、この姿勢じゃ腕が痛くなるわよね。

ん~……あ、そうだわ。

小鳥「ちょっと失礼しま~す」

少しだけ頭を浮かせて……枕替わりにクッションを。

そーっと、そーっと……よし。

それじゃ、もうひとつ椅子を並べて。

添い寝しちゃいま~す。

小鳥「もう……私のことほったらかして、先に寝ちゃうなんてひどいです」

P「ん……zzz……」

小鳥「かまってくれないとキスしちゃいますよ~?」

なんてね、ふふっ。

こんな歳でお恥ずかしい限りですが、私のファーストキスですから。

二人の思い出になるように……お願いしますね?

おやすみなさい……。

31: ◆PQxO3wwU7c:2013/09/09(月) 00:05:18.73 ID:6WfIwa5r0
── 翌朝 765プロ事務所 ──

朝ですよ、朝! 彼と一夜を共にして、初めて迎える朝!

昨夜はあのまま寝ちゃったけど、今朝こそは……!

……の、はずだったんだけど。

律子「二人揃って、定時ギリギリにご出勤ですか? ふ~ん……?」

P小鳥「「ごめんなさい……」」

二人して寝坊して、このザマです……。

仕事に影響が出ない限りは、社長も律子さんも多少のことは見逃してくれるだろうけど。

律子「私も野暮なことは言いたくないですから、これからは気をつけてくださいね」

P小鳥「はい……」

ずっと年下の律子さんに、こんなことで気を遣わせるなんて……。

無駄に歳を重ねただけの年長者なんて、みっともないだけよね。

はぁ……もっとしっかりしないと。

32: ◆PQxO3wwU7c:2013/09/09(月) 00:06:46.72 ID:6WfIwa5r0
一昨日からのことも、これからのことも、私にとっては初めてのことばかり……。

恋人らしいことはあまり出来てないけど……どうなのかな?

まだ進展なしって、遅い?

……わからない。

事務所には、恋愛相談できそうな相手はいないし……。

同世代の友達に、今更こんな相談はさすがに……。

こんなこと、グ○グル先生だって答えてくれない……。

小鳥「はぁ……」

雪歩「はい、音無さんお茶です」

小鳥「え? あ……ありがとう、雪歩ちゃん」

雪歩「どうしたんですか、ため息なんてついて?」

小鳥「この歳になっても、色々と悩みはあるものなのよ……」

雪歩「この歳なんて……音無さん、まだお若いのに」

小鳥「あら……ふふっ。ありがとう」

P「雪歩、ちょっといいか」

雪歩「あ、はい」

33: ◆PQxO3wwU7c:2013/09/09(月) 00:08:21.70 ID:6WfIwa5r0
P「今日の仕事なんだけどな、ちょっとこれを見てくれるか」

雪歩「はい」

後ろから肩ごしにモニターを覗いて……体がくっつきそう。

雪歩ちゃん、男の人が大の苦手だったのに……ていうか、今でも苦手ではあるみたいだけど。

プロデューサーさんだけは特別みたい。

P「でな」クルッ

ポフッ

雪歩「きゃっ!?」

P「うお!? すまない、すぐ後ろにいるとは思わなかった」

雪歩「いえ、こちらこそ……///」

いま振り向きざま、顔が胸に……うん、当たってた。

いや、わざとじゃないのはわかってるし、こんなことで取り乱したりはしませんよ?

私はまだ、触ってもらってもいませんけどね!

34: ◆PQxO3wwU7c:2013/09/09(月) 00:10:47.05 ID:6WfIwa5r0
千早「あ、プロデューサー。少し相談したいことが……」

P「ん? 今か?」

千早「はい、できれば」

P「わかった。5分待ってくれ」

千早「ありがとうございます!」

あの気難しい千早ちゃんも、今ではプロデューサーさんを信頼しきってる。

ちょっと依存しすぎで心配なところはあるけど……。

プロデューサーとアイドルの信頼関係が深まるのは、事務所の一員として歓迎すべきこと。

なのに、いつからか素直に喜べなくなってる。

どうしても……恋人になった今でも、誰よりも私があの人にふさわしいと自信を持てないから。

お若いなんて言われても、ここはもっと若くて可愛い娘たちばっかりなわけで……。

プロデューサーさんだって、あずささんや律子さんの方が年齢的にはお似合いだし。

ほんとに私なんかでいいのかな……?

小鳥「……」

律子「どうしたんですか、小鳥さん?」

小鳥「いえ、なんでも……」

律子「?」

私も千早ちゃんのこと言えないか……。

35: ◆PQxO3wwU7c:2013/09/09(月) 00:12:21.12 ID:6WfIwa5r0
── 昼休み たるき亭 ──

小鳥「恋人が女の子にモテすぎるのも考えものです……」

P「は? 俺のことですか?」

小鳥「他に誰がいるんですか?」

P「いや、俺がモテるって言われても……」

小鳥「えっ」

P「えっ」

小鳥「……」

P「……」

小鳥「はぁ……そうですよね、自覚してないのがプロデューサーさんですよね……」

P「はあ」

ええ、わかってましたよ。

私だって、気づいてもらえなくて悩んだり落ち込んだりしましたから。

そのぐらいじゃないと、アイドルのプロデューサーなんて務まらないでしょうけどね。

36: ◆PQxO3wwU7c:2013/09/09(月) 00:13:45.84 ID:6WfIwa5r0
小鳥「あの、今夜は?」

P「遅くなると思います」

小鳥「ええと……」

P「たぶん、日付が変わる頃に」

小鳥「お仕事ですか?」

P「ええ」

小鳥「仕事仕事もいいですけど、もうちょっと摂生してもらわないと困りますよ」

P「好きでやってることですから」

小鳥「……」

たぶん仕事に関してだけは、私がなにを言っても聞かないと思う。

仕事に嫉妬してもしょうがないけど……。

今度「私より仕事のほうが大切なんですか!?」ってやってみようかしら。

やめとこ……めんどくさい女だと思われるだけだし。

小鳥「今日は、私も自分の部屋に帰ります……けど」

P「?」

小鳥「私がいなくても、ちゃんと休んでくださいね」

P「ええ、わかってます」

小鳥「そう言って、わかってないから困るんですよー!」

今夜は独りぼっち。

そんな日もあるだろうけど……。

37: ◆PQxO3wwU7c:2013/09/09(月) 00:15:16.76 ID:6WfIwa5r0
── 午後 765プロ事務所 ──

小鳥「ふぅ……」カタカタ…

律子「……」カタカタ…

小鳥「はぁ……」カタカタ…

律子「……」カタカタ…

小鳥「空になりたいわぁ……」カタカタ…

律子「なに言ってるんですか……」カタカタ…

小鳥「津軽レインボーってなんだよ……」カタカタ…

律子「知らないっての……」カタカタ…

小鳥「……」カタカタ…

律子「……」カタカタ…

小鳥「律子さんをめいっぱい抱きしめたい……」カタカタ…

律子「窓からうっちゃりますよ?」カタカタ…

小鳥「もー律子さんてばツンデレなんだからー」カタカタ…

律子「デレてないデレてない」カタカタ…

小鳥「……」カタカタ…

律子「……」カタカタ…

小鳥「ふぅ……」カタカタ…

律子「……」カタカタ…

小鳥「律子さんのメガネになりたい……」カタカタ…

律子「ウザい……」カタカタ…

38: ◆PQxO3wwU7c:2013/09/09(月) 00:19:20.22 ID:6WfIwa5r0
── 夜 765プロ事務所 ──

小鳥「私は先に上がりますけど……」

P「はい」カタカタ…

小鳥「くれぐれも無理だけはしないでくださいね?」

P「わかってますって」カタカタ…

小鳥「……」

全然わかってない。

ちゃんと聞いてるのかも怪しいんですけど……。

P「あ、小鳥さん」

小鳥「はい?」

P「明日の夜は、今度は小鳥さんの部屋に行っていいですか?」

小鳥「そんなこと言って、また……」

P「約束します」

小鳥「ほんとですか?」

P「ええ、俺だって……」

ガチャッ

高木「やあ、君たち。遅くまでご苦労様」

小鳥「あ……社長、お疲れ様です」

P「お疲れ様です、社長」

39: ◆PQxO3wwU7c:2013/09/09(月) 00:23:35.25 ID:6WfIwa5r0
高木「ああ、君。ちょうどよかった」

P「はい?」

高木「急で申し訳ないんだが、明日朝から出張で名古屋まで行ってもらえないか」

P「出張ですか? もちろん行かせてもらいますが」

高木「すまないね。私が行くつもりだったんだが、事情があって行けなくなってしまったんだ」

P「いえ、構いませんよ」

小鳥「……」

高木「君なら安心して任せられるよ」

P「ははは、光栄です」

高木「そうそう、任せられるといえば……」

P「?」

高木「出張を頼んでおいて、言えた義理ではないが……」

高木「君の仕事に対する熱意には感心するがね、可愛い恋人に寂しい思いをさせてはいかんよ」

小鳥「えっ?」

P「それは……」

高木「ははは、差し出口だったかな」

P「いえ……」

小鳥「……」

そんなことないですって、どうして言えなかったんだろ……。

……ううん、自分でわかってるでしょ。

自分に嘘をついたってしょうがないよね……。

40: ◆PQxO3wwU7c:2013/09/09(月) 00:25:59.78 ID:6WfIwa5r0
── 翌日 765プロ事務所 ──

プロデューサーさんは、早朝から出張。

結局、戻ってこれるのは明日になるとか。

今夜の約束も、なくなっちゃった……。

また仕事に彼を取られちゃった気分……。

もちろん、私のわがままで引き止めるなんて出来っこない。

そのぐらいはさすがに弁えてますよ、ええ……。

律子「小鳥さん」

小鳥「……」

律子「小鳥さん!」

小鳥「は、はい! なんですか律子さん?」

律子「今日は私も一日外での仕事になるんで、事務所のほうはお任せします」

小鳥「えぇ!? 律子さんまで私を置いていっちゃうんですか!?」

律子「はあ?」

小鳥「一人ぼっちは寂しいですぅ……」

律子「だから、プライベートを仕事に持ち込まないでくださいと……」

小鳥「わかってますよぉ……」

律子「わかってないから困るんですよ」

うぅ……どこかで聞いたようなこと言われちゃった……。

そりゃ、公私の切り替えができない私が悪いのはわかってますけどね。

寂しいものは寂しいんですよー!

41: ◆PQxO3wwU7c:2013/09/09(月) 00:27:25.76 ID:6WfIwa5r0
── 夜 小鳥自宅 ──

また独りぼっちの夜……。

私なんて、半裸で手酌酒がお似合いよね……ふふ。

こんなお酒、少しも美味しくないけど。

小鳥「プロデューサーさんのバカぁ!」

電話ぐらい掛けてきてくれたっていいじゃないですか!

ふーんだ! もうプロデューサーさんなんか知りませんですよーだ!

♪~~

小鳥「ぅひゃっ!?」

電話!? って……プロデューサーさん!?

あわわ! 早くなにか着て……って、それはいいから!

落ち着いて……取り乱しちゃダメ。

深呼吸よ、深呼吸。

スゥ~~~…ハァ~~~…

よし、出るわよ!

42: ◆PQxO3wwU7c:2013/09/09(月) 00:29:15.53 ID:6WfIwa5r0
小鳥「も、もしもし……」

P『小鳥さんですか? 遅くにごめんなさい』

小鳥「いえ……」

P『もうお休みでしたか?』

小鳥「まだ起きてましたよ」

P『よかった。いま大丈夫ですか?』

小鳥「え?」

P『今、マンションの前です』

小鳥「えぇ? 帰りは明日になるんじゃ……?」

P『その予定だったんですけどね。なんとか早く終わらせて、急いで帰ってきました』

小鳥「そ、そうですか」

P『今夜一緒に過ごすって、約束だったでしょ?』

小鳥「え、ええ。それじゃ今、下に迎えに……」

って、うわぁ……。

空き缶ぐらいは片付けておかないと、さすがにドン引きされるわ、これ……。

小鳥「ご、5分だけ待ってもらえますか?」

P『ええ、いいですよ』

うん! まずなにか着よう、私!

部屋の惨状より、半裸のほうがまずいよね!

43: ◆PQxO3wwU7c:2013/09/09(月) 00:30:44.12 ID:6WfIwa5r0
P「怒ってます?」

小鳥「別にー」

P「怒ってますよね?」

小鳥「怒ってませんよーだ」

P「困ったな。どうすれば許してくれますか?」

小鳥「えー」

チョロい女なんて思われたくないですからね。

簡単には許してあげません。

小鳥「朝まで一緒にいてくれたら、気が変わるかもしれませんけど……」

P「もちろん! 帰れって言われたらどうしようかと思ってました」

小鳥「言いませんよ、そんなこと……」

P「ええ」

小鳥「帰ったりしたら、今度こそほんとに許しませんからね?」

P「わかってます。隣にいっていいですか?」

小鳥「いいですよ……」

ま、まだ許しませんよ。

恋人として、そのぐらいは当然なんですから。

44: ◆PQxO3wwU7c:2013/09/09(月) 00:33:51.75 ID:6WfIwa5r0
P「今度の日曜日、なんとか休みをもらえました」

小鳥「え?」

P「その分、前倒しで仕事を進めなきゃならなかったんですけど」

小鳥「最近、仕事が立て込んでたのって……?」

P「ええ、そうです。これで一日一緒にいれますね」

小鳥「は、はい」

P「二人でどこか出かけましょう」

小鳥「お任せします……///」

ずるいですよ……。

そんなこと言われたら、許したくなっちゃうじゃないですか……。

P「俺ね……」

小鳥「?」

P「仕事が大変でも頑張ってこれたのは、小鳥さんのおかげなんです」

小鳥「私の……?」

P「初めて小鳥さんに会ったとき、すごく綺麗な人だと思って……」

小鳥「へ?」

P「一緒に仕事をして、すごく優しくて素敵な人だとわかって……」

小鳥「え? え?」

P「でも、すごく可愛らしい人で……すぐに好きになりました」

小鳥「ぅぁ……///」

P「全然気づいてくれなかったですよね」

小鳥「それはお互い様ですよ……」

P「はは、そうですね」

小鳥「ふふっ」

45: ◆PQxO3wwU7c:2013/09/09(月) 00:35:15.41 ID:6WfIwa5r0
P「ほんとは、もっと早く告白したかったんですけど……」

小鳥「……」

P「少なくとも、自分の仕事に自信を持てるようになるまでは、と……」

小鳥「自信を……」

私は、こんな歳になっても自分に自信を持てなかった……。

どうすれば自信を持てるかなんて、たぶん考えたこともなかった。

でも、まだ手遅れなんかじゃない。

あなたがいてくれれば……。

P「やっと結果が出せるようになって……自信があるなんて、まだ胸を張って言えないですけどね」

小鳥「……」

P「アイドルプロデューサーとしてやっていく覚悟は出来ました」

小鳥「はい」

P「それに……」

小鳥「?」

P「迷ってるあいだに、他の誰かに小鳥さんを取られたら困りますからね」

小鳥「そんなこと……!」

P「……」

小鳥「いつまでだって……プロデューサーさんを待ってましたよ。きっと……」

P「ええ……」

小鳥「だいたい、他の誰かにって……それはこっちのセリフですよ」

P「はい?」

小鳥「わからないなら、それでいいです!」

P「そうですか」

46: ◆PQxO3wwU7c:2013/09/09(月) 00:36:29.59 ID:6WfIwa5r0
P「小鳥さん……」

グイッ

小鳥「あ……」

今度こそ……ですよね?

チュッ

P「……」

小鳥「……」

ファーストキス……。

プロデューサーさんと……。

P「……」

小鳥「……///」

ああ、もうチョロくていいです……。

47: ◆PQxO3wwU7c:2013/09/09(月) 00:37:48.19 ID:6WfIwa5r0
P「許して、もらえましたか?」

小鳥「許しました!」

P「はは、よかった」

小鳥「ふふっ///」

ずっと一緒にいたい。

大好き……。

P「こんな奴だから、また小鳥さんを怒らせることがあるかもしれないけど……」

小鳥「……」

P「悲しませることだけはしません」

小鳥「はい。嘘だったら許しませんからね?」

P「ええ、絶対に」

大丈夫です。

私があなたのそばにいれば、嘘にはなりませんから。

48: ◆PQxO3wwU7c:2013/09/09(月) 00:38:42.85 ID:6WfIwa5r0
だから、ずっと一緒にいてくださいね。

大好きです!

P「もう一度、キスしていいですか?」

小鳥「次は私からです♪」

おわり

50: ◆PQxO3wwU7c:2013/09/09(月) 00:46:25.61 ID:6WfIwa5r0
ピヨちゃん、誕生日おめでとう!
2XのXはいくつなんだろー謎だわー

まあ、いくつだろうとピヨちゃんは可愛いから問題ない

それじゃ読んでくれてありがとう

小鳥「はじめての……ちゅっ」
引用元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1378649746/

カテゴリー: アイマスSS タグ: , パーマリンク

小鳥「はじめての……ちゅっ」 への31,498件のフィードバック